2013年12月14日

小腹が空いたらアーモンドなどのナッツ系やチーズ、キシリトールガムを食べる


2006-11-23 - 7668 Thanksgiving - almonds / McBLG97


ちょっと小腹が空いたなあと感じた時に、みなさんは何を食べるでしょうか。

チョコレートやクッキーなどの甘いものを食べる人は多いかと思います。

仕事で疲れてストレスが溜まっている時、甘いモノは「心の栄養素」として、気持ちをホッと落ち着かせてくれます。

しかし、そういった糖分の多いものを「空腹時」に食べると、食べた直後はよくても、そのうち、再び強い空腹感に襲われたり、体がだるくなったりといったことはないでしょうか。

これは原因の一つとして、「血糖値を急激に上げるものを食べ過ぎたせい」であるともいえます。

砂糖も白米も小麦粉も、いわゆる「精製炭水化物」と呼ばれるもので、これは体内に入るとすばやく吸収されて、結果、血糖値を急激に上昇させます。

そして血糖値の急上昇は血管を傷つけることにもなりますし、体の仕組みによって、反対に血糖値が下がりすぎる状態になってしまうことにもなります。「低血糖症」というものです。

こうなると、体もだるく、頭の働きも悪くなり、なにをするにも億劫になったりしてしまいます。糖分も取りすぎれば毒になるのです。

しかも、「空腹時」に糖分をガツガツとると、より血糖値の急上昇を招き、そしてその反動で低血糖もひどくなる。

なので、基本的に空腹状態である「おやつの時間に何をたべるか」ということは非常に重要です。

ということで、私はナッツ類やチーズ、キシリトールガムなどをおやつに食べることをおすすめします。


続きを読む
posted by プチダン | 食べ過ぎない工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

低カロリーのものから選んで食べ過ぎを抑える

「食べ過ぎ」とは「カロリーの取りすぎ」といいかえることができますね。

このカロリーをとりすぎない工夫として、カロリーの低いものから最初にしっかり食べるという方法もあります。


続きを読む
posted by プチダン | 食べ過ぎない工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

必要な栄養素が足りないから過食になる

現代の食生活は「栄養過剰の栄養失調」と言われたりします。運動量は少なくて消費カロリーは少ないけど、その割りにはカロリー摂取が過剰になっていて、それでいてビタミンやミネラルは圧倒的に不足しているということです。

続きを読む
タグ:過食
posted by プチダン | 食べ過ぎない工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

早食いと食べすぎが食後の眠気の原因

食後は眠たくなります。この眠気はトラブルの原因にもなります。昼食を食べたあとの午後2時ごろが、仕事上の作業ミス、事故、交通事故などが特に多いといわれます。

ただ、ご飯を食べた後に眠たくなるのは、当たり前と思ってしまいがちですが、食べ方によって食後の眠気具合は違ってくるようなんです。

続きを読む
タグ:食べ過ぎ
posted by プチダン | 食べ過ぎない工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

空腹を抑えるには糖分を補う

朝食を抜く1日2食のプチ断食を実行していると最初のうちは空腹感が強く出てくる場合があります。これは普段から大食傾向のある人ほど、より空腹感が強くなるようです。

また身体がだるくなったように感じたりもします。

続きを読む
posted by プチダン | 食べ過ぎない工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

食欲を抑えるのに効果のありそうなものは...

プチ断食や少食にすることが健康・ダイエットに効果的であることは私自身、いろいろ勉強していくなかで、イヤというほど理解しています。

続きを読む
posted by プチダン | 食べ過ぎない工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

少食を成功させるためには強く「想う」こと

究極の健康法といえる「断食」。そして、長く続けることで断食と同じぐらいの効果も期待できる「少食」。

普段の食を少なくすること、というのは一見簡単にできそうですが、これがなかなか続けるのが難しい。少食にすることが健康になるとわかっていてもなかなかできない人も多いようです。

ダイエットにとか、スマートになりたいとかという人たちが短期間での効果を期待して、急に極端な減食をやってしまうと、その反動で食欲が暴走して、結局リバウンドしてしまう、ということにもなりかねません。

それで、何度も挑戦して失敗してを繰り返し、体が衰弱していく、ということもありえます。

食欲という本能をコントロールするのはほんとに難しく、慎重にやらねばなりません。甲田先生も著書でよく言われています。

人間の食欲がいかに大きな力をもって私たちを振り回すか、筆者はこの40年の臨床経験の中で骨の髄までしみわたるほど、よくわからせていただきました。
少食が健康の原点 万物への愛と慈悲がエネルギーを生む )より
続きを読む
posted by プチダン | 食べ過ぎない工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。