2012年03月18日

毒素の排泄を促すものを積極的に食べる

プチ断食で「体内の毒素」を排出することは大事です。それにプラスして、毒素排泄をサポートする食物をたくさん食べることも意識したいところ。それによって、より体内洗浄効果を高めることができます。

毒素や不用物排泄でまず大事なのは腸。栄養を吸収する場所でもありますから、ここにゴミが溜まっていてはせっかくいい栄養素を含んだものを食べてもまともに吸収されなくなります。良質な栄養素を含んだものを食べただけじゃなく、それがどれだけしっかり吸収されたかが大事なんです。

続きを読む
posted by プチダン | 日本食・粗食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

味噌で放射能汚染対策をする

長崎に原爆が落とされたとき、自らも被爆しながらも、多くの被災者たちの治療のために献身的に働いたといわれる秋月辰一郎医師。

その時に、患者や病院のスタッフたちに勧めていた食事法が塩辛い玄米食とワカメ入りのみそ汁。この食事法でその病院内では一人も原爆症がでなかったといわれています。

長崎のこの話だけではなく、同じく原爆が落とされた広島でも味噌を食べることで原爆症の後遺症が軽減した、という話もあるそうです。

miso.jpg

続きを読む
タグ:放射線 味噌
posted by プチダン | 日本食・粗食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

日本食が健康長寿食

最近生菜食生活を続けています。とはいっても、甲田式生菜食療法ほど、厳格な生野菜食ではないですが、和食と生菜食のミックスといった感じでしょうか。

続きを読む
posted by プチダン | 日本食・粗食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

断食と同じ効果があるという納豆の「スペルミジン」

細胞にはオートファジーというの機能が備わっているそうです。細胞内の老廃物など余分なものを掃除してくれるシステムです。

このオートファジーがきちんと行われないと、細胞の新陳代謝が活発に行われず、細胞が弱って、それは老化してしまうということになります。

断食をすると、このオートファジーという機能が促進されるようです。
24時間〜48時間食事を断ち、血糖値が上がってインスリン・シグナルが入ってこなくなると、細胞が「生命の危機だ!」と判断し、自分のたんぱく質を分解して栄養にするというオートファジー機能が働き始めるのだ。(「人は誰でも「元気な100歳」になれる」より引用)
続きを読む
posted by プチダン | 日本食・粗食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。