2016年01月11日

夕食抜きしても痩せない?リバウンドしないためには何が必要か

プチ断食のひとつとして「夕食抜きダイエット」をしている人も少なくないと思います。

1食抜くなら夕食を抜いたほうが減量効果が高そうというイメージを持っている人も多いことでしょう。

しかし、いざやってみると、なかなか痩せない。全然体重が落ちない。

夕食を抜くと痩せると聞いてたのに、1週間、2週間、1ヶ月経ってもほとんど体重が減らない。というかむしろ太った。

なぜそうなってしまうのでしょうか。


朝食と昼食の質も大事
食事を抜くと、体が飢餓感を感じて脂肪を溜め込みやすくなり、栄養素の吸収率も高まり太りやすくなる、とよく言われますが、これは正直ないと思います。

正直、1食抜いたぐらいで、それが太る大きな原因になるのはちょっとありえない。。

事実、1食抜きで1日2食を続けている方はみんなスリムでしかも実年齢よりも全然若々しい人が多いです。

私の周りにも結構います。

じゃあなんで痩せない人、または逆に太る人がいるのか。

たぶんそれは単に朝食と昼食、または間食として食べているもの食べ物の質の問題だと思います。もしくは量を食べ過ぎているか。

「夕食さえ抜けば痩せられる」といった極端な考え方からそうなってしまうのではないかと思います。

例えば、朝食や夕食に、白米やパン、麺類などを主食としてガツガツ食べているとそれが痩せられない原因になることもあります。

こういった穀物の主成分は炭水化物ですから、実質的には「糖質の塊」です。

甘くなくても、食べ過ぎれば血糖値を必要以上に上げて太る原因になる食べ物です。

野菜でもじゃがいもやかぼちゃ、さつまいものなども糖分の多い食べ物。

あと、間食に砂糖入りの缶コーヒーを飲んでみたり、チョコレートやポテチ、せんべいなどを食べていても、それらも全部糖質の塊ですから、これではいくら夕食を抜いてもほとんど減量効果は期待できないでしょう。

しかも、1食抜いた上で、糖質の多い食べ物ばかりを食べていると、血糖値を急激に上げやすくなりますし、糖質、甘いものを欲する欲求もより強くなってしまいます。

夕食抜きダイエットを成功させるためには、それ以外の食事をしっかりと見直すことが大事です。


リバウンドしないコツ
そして、もし夕食抜きダイエットで減量できて、リバウンドしないようにするためには、同時に糖質の多い食べ物を減らすことが大事です。

特に精製炭水化物と言われる「白米」「小麦粉」「白砂糖」、そして液体の糖分である「ぶどう糖果糖液糖」「果糖ぶどう糖液糖」。

これらは糖質類の中でも、より血糖値を急激に上げやすいものです。

血糖値を上げやすい食べ物ほど、のちに低血糖を引き起こしやすく、それが耐えがたい空腹感を生み出しやすくもなります。

そうなると、食事の時間までに食欲を必死で我慢するようになり、それがドカ食い、むちゃ食いにもつながって結局痩せられなくなります。

反対に糖質を抑えて血糖値を安定させると、強い空腹感を感じにくくなりますから、食事の量もセーブしやすくなる。

そうすると夕食抜きのダイエット効果もでやすくなってくるでしょう。

健康的に痩せるためには、1食分だけではく、1日全体としての食事バランスを見ることが大事ですね。

実践! 菜食美人生活 食べる・出す・ときどき断食

新品価格
¥1,620から
(2015/3/7 21:55時点)




日々、体や心の不具合を感じている方は↓こちらもチェックしてみてください
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

●スポンサードリンク
posted by プチダン | プチ断食の効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。