2017年10月25日

「ダイソーセレクト」のアーモンドの炭水化物量がわかりやすい

小腹がすいた時には「糖質の少ない食べ物」としてアーモンドをよく食べます。


Almonds! / mynameisharsha


私がよく買うのは、100円ショップ「ダイソー」のアーモンド。

1袋の内容量42gと、一袋丸々食べきってしまったとしてもそれほど多い量ではなく、いってみれば「食べきりサイズ」とも言える量でおやつとしても食べやすいんです。

・糖質が少ない
・栄養的価値も高い
・内容量が手頃
・100円(税抜き)で買える


などメリットも多く日々のおやつとして重宝していますが、最近ダイソーにて、同じ内容量のアーモンドを「ダイソーセレクト」のブランドで販売されている商品を見かけるようになりました。


よりわかりやすくて親切な表示
私はよく知らないのですが、「ダイソーセレクト」はダイソーのプライベートブランドなのでしょうか。それっぽいですね。

従来からある、私もよく買っているアーモンドと同じ内容量で無添加タイプのものもあるのですが、ダイソーセレクトの商品は袋のデザインが違いますし、従来の商品と比べてちょっと縦長デザインの包装になっています。

そしてもうひとつ、ダイソーセレクトのアーモンドが従来のものと違うのが、栄養成分が「一袋あたり(42g)」で表示されているという点。

従来からあるアーモンドは100gあたりの栄養成分で表示されています。

まあこれでも、アーモンドの内容量が42gということで、だいたい半分ぐらいで考えればいいのでそんなにわかりにくくはないのですが、やはり「実際に食べている量(一袋あたりの量)」で最初から表示されているほうがわかりやすい。

私達消費者にとって、とても親切ですよね。ぱっと見で判断できる。

まあ、あまりおおさげなことではないですが、従来からのプチ断食に加えて、適度に糖質を抑えた食生活をするようになってから、商品の裏面の栄養成分表示をよくチェックするようになったので、ダイソーセレクト・アーモンドの表示の変化が気になってちょっと記事にしてみた次第です。

ちなみにダイソーセレクトのアーモンドの炭水化物量は、

1袋(42g)あたり・・・7.6g


となっています。

やっぱりダイソーのアーモンドはおやつに最適ですね。


日々、体や心の不具合を感じている方は↓こちらもチェックしてみてください
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

●スポンサードリンク
posted by プチダン | おやつ・間食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。