2017年10月21日

ダイエット中にも良さ気なローソンの「からあげクン」の糖質量をチェックしておく

糖質制限的に考えると「唐揚げ」は太る食べものではなく、むしろダイエット中にも気にせずに食べられる食べ物といえます。

現に私も唐揚げはがっつり食べてますが、それでも以前に比べてお腹もしっかり痩せてきています。


からあげクンとその仲間たち / luckypines


家で作る唐揚げを食べることが一番多いですが、おやつ的な感じで、スーパーやコンビニの唐揚げもちょくちょく食べます。

ただ、ローソンの唐揚げは最近はかなりご無沙汰だったのですが、先日、たぶん数年ぶりぐらいに「からあげクン」を食べました。

宮城県仙台市にある「花兄園」のマヨネーズを使用しているという「からあげクン・濃厚マヨネーズ味」を食べました。

余分な添加物や調味料を一切使っていないマヨネーズなのだそうです。

からあげクン自体めっちゃ久しぶりでしたし、マヨネーズの風味がしっかり効いていてとても美味しかったです。

で、こういったスーパーやコンビニで販売されている唐揚げ商品というのは、ものによっては決して無視できない糖質量が含まれているものもあります。

ということで、「からあげクン」の糖質量はどのくらいの量になっているのか気になったのでちょっと調べて見ました。


からあげクンの糖質量
先日食べた「からあげクン・濃厚マヨネーズ味」の糖質量が記載されているサイトを私は見つけられなかったのですが、「http://kenko.lawson.jp/recommend/」のページに、

・からあげクンレギュラー
・からあげクンレッド
・からあげクンチーズ


の糖質量が記載されていました。

ということでそれぞれの糖質量を書いておきます。

・からあげクンレギュラー・・・6.2g
・からあげクンレッド・・・7.7g
・からあげクンチーズ・・・8.3g


どうでしょうか。

私的には、思っていたよりもかなり少ないなあという印象です。これなら、時々のおやつとしてからあげクンを食べるのもいいかも、なんて思ってみたり。

私が食べた濃厚マヨネーズのはっきりした糖質量を見つけられなかったのですが、でもまあ、同じからあげクンですから、多少の違いはあっても大差はないと思うので、上記の3つの糖質量が分かっただけでもそれなりに参考になるかと思います。

今度はこれまた久しぶりに「レギュラー」タイプを購入してみようかと思います。


日々、体や心の不具合を感じている方は↓こちらもチェックしてみてください
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

●スポンサードリンク
posted by プチダン | おやつ・間食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。