2017年11月29日

女性は三十路になると痩せにくい?30代後半になるとさらに痩せにくくなるのか

女性は三十路になると、脂肪がつきやすく痩せにくい体質になる。


Ace Young, 2005/2006 American Idol Finalist / dbking


30代後半になってくると、昔に比べてさらに太りやすく痩せにくくなる、そう思っている人も多いかもしれません。

歳を重ねるごとに痩せにくくなる、とよく言われますが、私はそれはもう都市伝説のようなものだと思っています。

食事をきちんと改善すれば、年齢関係なくスムーズに痩せることはできますからね。女性だけでなく男性ももちろん。


女性も男性も年齢関係なく食生活を正せばスムーズに痩せられる
たしかに、10代、20代の女性たちと比べると、代謝の良し悪しの違いもあったりするので、多少痩せるまで、脂肪を落とすまでに時間はかかるかもしれません。

それまでの30年間、もしくはそれ以上の期間、それこそ食事に気を使った生活をしてこなかった人であれば、その分脂肪もたくさん溜まっていると思いますし、その脂肪を分解してエネルギーとして効率よく使えるような体質にしてくのにも多少時間はかかると思います。

でもこれは年齢云々という話ではなくて、単にその人の食生活の積み重ねの問題だけです。

「三十路だから」「30歳をすぎてるから」という年齢の問題ではないです。

40歳、50歳、いや60歳であっても、普段から、若い時から食事に気を使っている人はスリムでみんな若々しくもあります。

でもそれでも、その時になってからでも食事をきちんと見なおしていけば、多少の個人差はあれど、多くの人が健康的にスムーズに痩せられるでしょう。

年齢が問題ではなく食事が問題だったわけですから。

年齢の積み重ねによる「脂肪の落としにくさ」は多少はあると思いますが、でも私はそれは誤差の範囲内だと思っています。

太る太らない、痩せにくい痩せやすいの問題は、結局は「毎日何を食べているか」に大きくかかっていると思いますので、食べ物の質をガラッと変えてそれを続けていれば、必然的に体も変わらざるおえない。

ではどんな食事にするか。

これはもう極々シンプルです。

・野菜
・果物
・肉類
・魚介類
・大豆製品
・卵

などをバランスよく食べる。なるべく加工食品ではなくて、生鮮食品を買って自炊する。

その上でお菓子や菓子パン、インスタント食品をなるべく控えめにする。

白米、小麦粉製品、砂糖などは「精製炭水化物」で血糖値を急激に上げて太る原因にもなるので、これらも控えめにする。

主食として食べるなら玄米、雑穀米、大麦、全粒粉、ふすま粉を使ったものにする。

といった感じです。

まあ、よく言われている、ジャンクな食べ物をなるべく避けて、栄養バランスのとれた食事をするという、ほんとシンプルなものです。

でもこの基本的なシンプルな食事をきちんと毎日できている人は実はあまり多くないです。

だからみんな太ってしまうし、体も壊してしまう。

「身体に必要な栄養素をバランスよく取り入れて、身体に不要な物質をなるべく入れないようにする」。

このシンプルな食事が身体は一番喜びますし、それが「健康的に無理なく痩せる」ことにもつながりますから、「30歳を超えて痩せにくくなった」と悩んでいる方たちも、ぜひ、気がついたその日から、食を見なおしてみましょう。


日々、体や心の不具合を感じている方は↓こちらもチェックしてみてください
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

●スポンサードリンク
posted by プチダン | 健康的ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。