2015年08月05日

夜中に食べ過ぎてむくみやすくなる。どうしたらいい? 

夜中にお菓子や菓子パン、ラーメンなどの夜食を食べ過ぎてしまった翌日、朝起きて鏡を見てみると、顔が異様にむくんでいたりしますよね。


That be ALOT of fries on my plate! / simononly


私も以前は夜中にガンガンに食べまくっていた時期がありましたから、その頃は毎朝の顔のむくみがひどかったです。。

じゃあ、そのむくみをどうするかってことですが、これはもう食べ過ぎてしまったものはしょうがないので、翌日からの食事の対策を考えていきましょう。


糖分を控えめにする
むくみの原因は塩分のとりすぎや水分のとりすぎなどがよくいわれていますが、私は糖分のとりすぎもむくみの原因になると思っています。

実際、糖質制限で炭水化物や糖質、砂糖などを控えめにしたところ、むくみが解消したという体験をしている人も結構いるみたいです。

私自身もゆるめの糖質制限ではありますが、以前よりもだいぶ顔のむくみ具合もよくなってきている気もします。

なので、夜中に食べ過ぎてしまったときには特に、糖分の摂取を控えめにするのがいいと思います。


プチ断食で内臓を休ませてやる
そして食べ過ぎたということは、消化吸収に深く関わる「胃腸・肝臓・腎臓」などの内臓器官を酷使していることにもなります。

私達にも仕事の合間の休日が必要なように、内臓も定期的に休ませてあげないといけません。でないと機能がどんどん衰えてしまいます。

食べすぎていればなおさら休息は必要。

そこで定期的なプチ断食が有効になります。

私のように毎朝固形物をとらない食生活でもいいと思いますし、週末の休みを利用した週末断食をするのもいいでしょう。

最近は、芸能人やモデルさんとかでも酵素ドリンクを使ったファスティングをする人がかなり増えているみたいです。

みなさん「食べないこと」「食べない時間」の重要性に気付き始めているんでしょうね。いいことです。

もちろんプチ断食もむくみ解消に効果的です。

食べ過ぎ自体がむくみの原因でもありますからね。


日々、体や心の不具合を感じている方は↓こちらもチェックしてみてください
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

●スポンサードリンク
posted by プチダン | 健康的ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。