2011年05月08日

美肌になるには宿便を出すこと

いつの時代も多くの女性が関心のあるテーマは美肌。有名ブランドの化粧品だったり、高額なものだったり。

外側からのお肌ケアには常に関心をもって気を遣っている人が多いと思いますが、体の中身はどうでしょうか。体内の状態が良くないから、浮腫んできたり、できものができたり、もちろんお肌が荒れたりもします。

体内の状態が良ければ、すなわち健康であれば自然と肌の調子も良くなってくると思います。そんなに高額な化粧品を使わなくても、あれこれいろんなものを使わなくても十分に美肌を保てるのではないかとも思います。お肌が荒れている原因は宿便かもしれません。

断食をして若返り効果、シミやシワが消えて美肌にもでも書きましたが、タレントの奈美悦子さんも外から化粧をたくさんつけるてケアするも、体の中から綺麗にしていくことが大事、みたいなことを言ってたと思います。
そこで宿便を出すことが大事になってきます。断食では宿便を出すことが1つの大きなテーマとなっているようです。

宿便」とは、胃腸の処理能力を越えて、たくさん食べたために腸管内に停滞した食べ物のカスのこと。食べすぎているので、腸が変形してくぼみができて、そこに入り込んで溜まっています。ただの便秘とはまた違うようです。

甲田光雄先生によると、肌に張りがあるということは、腎臓や肝臓が完全に動いているということなのだそうです。

断食したり、朝食だけ抜いたりすることで、胃腸を休めることになり、その分の血液が腎臓や肝臓に回されて、体内に溜まっている老廃物や毒素の排泄活動が活発になります。

排泄活動が活発になると、しだいに腸管内に溜まった宿便も出てきます。

その影響がもちろん皮膚に、もちろん顔の肌にも現れてきます。

著書「断食博士の「西式健康法」入門」の中で、甲田先生は
「美肌の1番の決め手は宿便を排泄することです。宿便をいっぱいおなかにためておきながら、鏡の前に座って一生懸命に化粧をしているのは滑稽なことです。今の娘さん方は、たくさんそれをやってますけどね(笑)。」とおっしゃってます。

体内、腸内は普段直接自分の目で見ることができませんから、明らかに不快な症状でもない限りは、なかなか意識することは難しいと思います。

断食をすればもちろんお肌にも良さそうですが、長期になると1人でやるには危険な場合もあります。普段から美肌を保つには朝だけプチ断食などで、食べる量を少なくして、毎日少しでも長く胃腸を休めて上げることが大事なのだと思います。


日々、体や心の不具合を感じている方は↓こちらもチェックしてみてください
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

●スポンサードリンク
posted by プチダン | プチ断食の効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。