2011年04月18日

朝食を抜く(半日断食)と快便になる

朝ご飯を食べない生活をしていると便通が良くなってきます。ぼくも朝食抜きの生活を始めてから快便になってきました。

朝食を食べることで、胃大腸反応を起こして便意をもよおすといわれています。なので朝食は大事だというわけですね。

ただ、故・甲田光雄先生の著書「朝食を抜くと病気は治る」によると、生水を飲めば同じように便意をもよおすそうです。朝起きてすぐに生水を300〜400mlほど飲む。


モチリン
そしてもう一つ、空腹になることで腸がモチリンという消化管ホルモンを分泌し排便をうながすのだそうです。

モチリンはカナダのブラウン博士という人が1971年に発見。空腹で分泌されたモチリンは、腸の蠕動運動を活発にします。それによって腸に溜まっている内容物を排泄する力が活性化するといいます。

モチリンというのは普通8時間以上空腹状態になると分泌されて、しかも空腹時間が長いほど多く分泌されるそうです。

夕食を早めに食べて、翌朝朝食をとっても、だいたい8時間以上は空いていると思います。なのでモチリンは分泌されますが、それではまだまだ不十分。

朝食を食べて排泄がある人でも、実は便が完全には出しきれていないという人も多いみたいですから。いわゆる宿便というやつですね。腸に溜まった宿便を出して、クリーンにするためにも朝食抜きは有効だと思います。

ぼくも以前の記事でも書きましたが、宿便らしきものが何度か出てから、長く悩んでいた万年下痢体質が改善され、毎朝快便が続くようになったんです。

今では、朝起きてすぐに便意をもよおします。そして、うんちがスルッとでて、ツルンっと落ちます。ティッシュでお尻を拭いてもほとんど汚れていないというぐらい、汚れていません。


最初のうちは便通が悪くなることもある
ただ、普段食べ過ぎる傾向のある人とかが、プチ断食や少食生活を始めると、最初のうちは便秘気味になることもあります。ある程度すれば解消してきます。プチ断食系の本を読んでるとこういう傾向はよくあるようです。

僕も朝食抜きのプチ断食を始めて最初のころは、便秘気味になり、排便があっても少しずつでした。しかもネットリしていて、切れ味も悪く、異様に臭い便でした。お尻も何度も拭かないとキレイにならないような。

当時は、それまで割と自分では快便だと思っていたのでちょっと不安になりました。でも今思えば自分ではそんなに認識していなかったのですが、やっぱり食べすぎていたんだなあと思います。

普段から快便の人でも、プチ断食や少食生活を始めることで、毎日の少ない食事にもかかわらず、驚くほど大量の便が出るという人もいるようです。

いつも体がだるかったり、日中でも異様な眠気を感じたり、集中力が続かなかったり、よくイライラしたり、頭痛持ちだったりなど、原因のよくわからない症状が普段からあるという人は、もしかしたら腸に宿便が溜まっているのかもしれません。

朝食抜きをする場合は、その代わりのものとして、もちろん生水でもいいですし、最近よくプチ断食で利用されている「酵素ドリンク」を使うのもいいかもしれません。

生水に比べて、ビタミン、ミネラル、糖分などがしっかり含まれていますから、あまり飢餓感や空腹感を感じずに無理なく朝食抜きができると思います。


日々、体や心の不具合を感じている方は↓こちらもチェックしてみてください
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

●スポンサードリンク
posted by プチダン | プチ断食の効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。